アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き声優リスト>釘宮理恵

釘宮理恵(くぎみや りえ)

プロフィール    
【出身地】 熊本県八代市
【生年月日・血液型】 1979年5月30日・B型
【趣味・特技】 読書・英検準2級
【プロダクション】 アイムエンタープライズ
【その他】 釘宮理恵 関連画像

釘宮理恵 主な出演作品
テレビアニメ    
  • アークエとガッチンポー(シュウメイ)
  • アークエとガッチンポーてんこもり(シュウメイ)
  • 阿貴的家族 ~アークエ・ファミリー全員集合(シュウメイ)
  • 犬夜叉(ごほう)
  • うたわれるもの(カミュ)
  • エレメンタル ジェレイド(チルル〔ティクル=セルヴァトロス〕)
  • 奥さまは魔法少女(清水美香、美杉彩佳)
  • おとぎ銃士 赤ずきん(木ノ下りんご)
  • おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!(スズカ)
  • カードキャプターさくら(女子高生(66話))
  • 学園アリス(今井蛍)
  • 学園戦記ムリョウ(村田双葉)
  • カスミン(ドグウちゃん)
  • ガラスの艦隊(ラルフ=フィッツジラルド=デオン=ド=ラック、通信士チェー、ラシーヌ(7歳))
  • キョロちゃん(メンタマル星人)
  • 銀魂(神楽)
  • ゴーストハント(原真砂子)
  • 極上生徒会(イライザ山本)
  • 金色のガッシュベル!!(ティオ)
  • 灼眼のシャナ(シャナ)
  • 十二国記(泰麒、少春)
  • 超GALS!寿蘭(寿沙夜)
  • 住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー(梅木瑠璃、エーデルワイス)
  • ゼロの使い魔(ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール)
  • 超重神グラヴィオン(ブリギッタ)
  • ちょこッとSister(華山田ゆりか)
  • デジモンセイバーズ(イクト)
  • ときめきメモリアル Only Love(愛川桃(6話))
  • とっとこハム太郎(トマトくん、ウキハムくん)
  • トリニティ・ブラッド(ピーター)
  • ニニンがシノブ伝(雅)
  • 鋼の錬金術師(アルフォンス・エルリック、キャスリン・エル・アームストロング)
  • ハチミツとクローバーⅡ(森田忍(子供時代))
  • バンパイヤン・キッズ(モリピョン)
  • 光と水のダフネ(高橋健太)
  • ぴたテン(植松小星)
  • フィギュア17 つばさ&ヒカル(沢田美奈)
  • ふぉうちゅんドッグす(ヒメチン)
  • プリごろ太 宇宙の友情大冒険(ドラマ「のだめカンタービレ」第4話 劇中アニメ、リオナ)
  • ペッパ ピッグ(ペッパ)
  • ポケットモンスター(ユユキ、リリー)
  • 冒険王ビィト エクセリオン(リオン)
  • 魔法少女リリカルなのは(アリサ・バニングス)
  • 魔法少女リリカルなのはA's(アリサ・バニングス)
  • マリア様がみてる~春~(松平瞳子)
  • 美鳥の日々(真行寺耕太)
  • 名探偵コナン(恵)
  • 女神候補生(イクニ・アレクト)
  • メルヘヴン(ベル、琴美)
  • 焼きたて!!ジャぱん(モニカ・アデナウアー)
  • りぜるまいん(岩城りぜる)
  • りんごの森のファンタジー(プルルー)
  • ロックマンエグゼAXESS(アネッタ)
  • ロックマンエグゼStream(アネッタ)
  • わがまま☆フェアリー ミルモでポン!シリーズ(ムルモ)
  • BLEACH(黒崎夏梨、リリィ、涅ネム)
  • BURN-UP SCRAMBLE(神宮真弥)
  • Canvas2~虹色のスケッチ~(望月ハルナ)
  • HAND MAID メイ(サイバドール・レナ)
  • LOVELESS(坂上江夜)
  • MAJOR1stシーズン(小森大介)
OVA    
  • がぁーでぃあんHearts(ひな)
  • がぁーでぃあんHearts ぱわ~あっぷ!(ひな)
  • こすぷれCOMPLEX (デルモ)
  • おとぎ銃士赤ずきん(木ノ下りんご)
  • 鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION(アルフォンス・エルリック)
  • 撲殺天使ドクロちゃん(三橋檎サバト)
劇場版アニメ
  • 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(アルフォンス・エルリック)
  • 金色のガッシュベル!! メカバルカンの来襲(ティオ)
  • 金色のガッシュベル!! 101番目の魔物(ティオ)
ゲーム    
  • e'tude prologue ~揺れ動く心のかたち~(SS版)(佐伯悠見)
  • 落雀シリーズ(すずめちゃん)
  • RPGツクール2000 サンプルゲーム「花嫁の冠」(ネコ娘)
  • Close to ~祈りの丘~(橘小雪)
  • リリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術師3~(ヘルミーナ)
  • ヘルミーナとクルス ~リリーのアトリエ もう一つの物語~(ヘルミーナ)
  • CROSS HERMIT ~最果ての賢者~(ケスト=シュノンソウ)
  • ゼノサーガシリーズ(メリィ・ゴドウィン)
  • 一撃殺虫!!ホイホイさん(ホイホイさん)
  • Only you-リベルクルス-(魔神恵)
  • 金色のガッシュベル!!シリーズ(ティオ)
  • サモンナイト3(アリーゼ)
  • 少女義経伝(伊勢怜奈)
  • 鋼の錬金術師シリーズ(アルフォンス・エルリック)
  • Iris ~イリス~(耒田美卯)
  • わがまま☆フェアリー ミルモでポン!シリーズ(ムルモ)
  • アヴァロンの鍵(コッペリア)
  • 青い涙(工藤もえみ)
  • アカイイト(若杉葛)
  • ちゅ~かな雀士てんほー牌娘(カンカン)
  • マイネリーベ~優美なる記憶~(マリーン)
  • THE IDOLM@STER(水瀬伊織)
  • 蒼い空のネオスフィア(エリンシエ・ヤースロップ)
  • エレメンタル ジェレイド-纏え、翠風の剣-(チルル〔ティクル・セルヴァトロス〕)
  • 乙女はお姉さまに恋してる(小鳥遊圭(PS2版))
  • サムライスピリッツ 天下一剣客伝(リムルル、チャンプル)
  • 少女義経伝 弐(伊勢怜奈)
  • 半熟英雄4~7人の半熟英雄~(タガメの錬金術師・アルフォンス)
  • Riviera ~約束の地リヴィエラ~(エクセル)
  • らぶドル~Lovely Idol~(大路しずく)
  • 龍が如く(遥)
  • ゲームになったよ!ドクロちゃん~健康診断大作戦~(三橋檎サバト)
  • うたわれるもの 散りゆく者への子守唄(カミュ)
  • 式神の城III(伊勢薙乃)
  • 灼眼のシャナ(シャナ)
  • ルーンファクトリー -新牧場物語-(めい)
  • ゼーガペイン NOT(カーム)
  • Routes PE、Routes PORTABLE(湯浅皐月)
その他    
  • その他、CD、ラジオ、吹き替え等
ちょこっとメモ
愛称は「くぎみー」「くぎゅ」「釘」等。
代表的な出演作品は『鋼の錬金術師』(アルフォンス・エルリック役)、『灼眼のシャナ』(シャナ役)、『銀魂』(神楽役)、『ゼロの使い魔』(ルイズ役)など。
アイドル声優の輩出が多いアイム所属の女性声優としては珍しい実力派の声優でもある。
少し鼻にかかった甲高い声が持ち味で、それを活かした小学生くらいまでの勝気な少女の役が多い。金田朋子、こやまきみこらと共に、ポストこおろぎさとみ&かないみか(≒ロリ声声優)の有力候補と目される。
一方、『十二国記』の泰麒役で少年の役を堂々と演じ、それまでの半ばロリ専門声優とのイメージを覆す演技にファンの評価は一変、これがきっかけで『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エルリック役への抜擢にも繋がる。以後、ショタ系少年の役が増えて、その影響で一昔前では考えられなかったほど女性ファン、実力を評価する新たな男性ファンも急増している。更にはツンデレキャラなどもこなすようになるなどの芸達者ぶりで、現在ではツンデレキャラにおいて根強いファンを多く獲得する。
以前テレビ朝日で放送された『爆笑問題のボスキャラ王』内の、声優志望の女の子の部屋を訪問する企画で、当時まだ声優志望であった釘宮の部屋を爆笑問題の太田光が訪問したが、女の子の部屋らしくなく殺風景だったため、企画が台無しになり、後で太田が釘宮に怒鳴りつけることになった。
「ゼロの使い魔」キャラクターCD1 ルイズ&才人編

このようなことがあったが、数年後の2005年に爆笑問題が司会をする『日本全国徹底調査!好きなアニメランキング100』の『鋼の錬金術師』のインタビューで、共演した朴路美と共にインタビューを受けており、わだかまりは無いようである。
鋼の錬金術師』で共演した朴璐美と仲が良く、姉妹のような関係である。ある時、朴に呼ばれ部屋の掃除をさせられた。また同ラジオ番組にて朴に、可愛いが腹黒いという意味で「黒いコスモス」と形容されていた(「腹黒子」とも言われた)。
主人公・ルイズを演じた『ゼロの使い魔』において、日野聡が準主人公である平賀才人を演じたが、この組み合わせは『灼眼のシャナ』と全く同じである上に、主人公の性格描写まで共通している(ツンデレ)。二作品の放送間隔が半年も空いていなかった事も手伝い、視聴者の間で「どうも『灼眼のシャナ』を思い出す」という“否”の意見と「ちゃんとキャラクターの演じ分けが出来ているので問題無く見れた」という“賛”の意見が真っ二つに分かれ、話題を呼んだ。ちなみに『ゼロの使い魔』のアニメ放送自体は、深夜アニメとしてかなりの人気を誇っていた。(wikipedia参照)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。