アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>ツバサ・クロニクル

ツバサ・クロニクル

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』(ツバサ レザボア クロニクル)は原作CLAMP(クランプ)、週刊少年マガジン(講談社)にて連載。(2003年~)
テレビアニメはNHK教育テレビで放送。第1シリーズ(2005年4月~10月)、第2シリーズ(2006年4月~)
『劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』が『劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』と同時上映。(2005年8月)
関連作品に『xxxHOLiC』、『カードキャプターさくら』などがある。
ツバサ・クロニクル(公式サイト)

ツバサ・クロニクル Vol.1 CLAMP作品に登場したキャラクターたちがさまざまな次元や空間で活躍する、純愛冒険ファンタジー。
玖楼(クロウ)国に住む考古学者を志す少年小狼(シャオラン)と、その国の姫サクラは幼なじみ。ふたりは互いにひかれあっているが、どちらもその思いを口にできずにいる。ある夜サクラは、彼女の持つ力を手に入れようとする飛王・リードの陰謀によって、記憶を失い、その記憶は無数の羽根と化して異世界へと飛び散ってしまう。サクラの命を救う手立ては、その記憶の羽根を全て集めて、サクラの体に戻すことだけ。さまざまな次空に飛び散った羽根を集め、サクラの命を救うために、小狼は異世界へと旅立つ。(公式サイト等より)


ツバサ・クロニクル
キャスト(第1・第2シリーズ)
  • 小狼 : 入野自由
  • サクラ : 牧野由依
  • 黒鋼 : 稲田徹
  • ファイ : 浪川大輔
  • モコナ : 菊地美香
  • 桃矢 : 三木眞一郎
  • 雪兎 : 宮田幸季
  • サクラの父 : 水島裕
  • 藤隆 : 川島得愛
  • 飛王 : 中多和宏
  • 星火 : 小林沙苗
  • 知世 : 坂本真綾
  • 蘇摩 : 甲斐田裕子
  • チィ : 名塚佳織
  • 侑子 : 大原さやか
  • 四月一日 : 福山潤
  • 正義 : 瀧本富士子
  • 蟹夫 : 桜井敏治
  • 笙悟 : 檜山修之
  • 嵐 : 平松晶子
  • プリメーラ : 望月久代
  • チュニャン : 伊藤静
  • チェニャン : 山口由里子
  • ブルガル : 梅津秀行
  • タンバル : 大塚周夫
  • キィシム : 勝生真沙子
  • 怪魚 : 野沢雅子
  • エメロード : 島本須美
  • シャルメ : 豊口めぐみ
  • 譲刃 : 千葉千恵巳
  • 絵里衣 : 林真里花
  • 龍王 : 皆川純子
  • カルディナ : 浅川悠
  • 織葉 : 千葉紗子
  • 千歳 : 本多知恵子
  • 老婆 : 前田敏子
  • すもも : 清水愛
  • 琴子 : 下屋則子
  • 鈴蘭 : 川澄綾子
  • 火煉太夫 : 岡本麻弥
  • 阿修羅王 : 本田貴子
  • 夜叉王 : 増谷康紀
  • ケルベロス : 久川綾
  • : ほか
主題歌 : (試聴有り)
NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (通常盤)
オープニング曲: エンディング曲:
第1シリーズ
  1. 『BLAZE』 : キンヤ
  1. 『ループ』: 坂本真綾
第2シリーズ
  1. 『IT'S』 : キンヤ
   
  1. 『風待ちジェット』 : 坂本真綾
   
ちょこっとメモ
NHKは厳しい!?
NHKは公共放送という立場上、教育的で健全な作品を求めるため、表現規制が厳しく、本作を含むアニメ作品も例外ではない。本作においては、原作で描かれる激しい戦闘に伴う傷などの表現がカットされており、NHKで放送された『カードキャプターさくら』に比べてストーリーや作画が劣っていること等批判の対象となっている。規制に関しては、暴力シーンだけでなく賭博や飲酒など、法律に反していたり、非教育的なシーン等の表現などにも及んでいる。
CLAMPは醜と美をはっきり描き分ける美学を作品内で貫き通しているため、時には 残酷で感傷的な殺人シーンを描くこともあり、暴力という醜い描写を避けた制作側に対しCLAMPの大川緋芭が『ぱふ』2005年9月号で触れるなど、考え方の相違がインタビューなどから伺い知ることができ、第1シリーズ中盤~第2シリーズにかけて表現を少しずつ変えていると、オフィシャルファンブックのスペシャルトークなどでも明かされている。また、原作版「高麗国」が「ナユタヤ国」に、「暗行御吏」が「密偵衆」に変更されているのは、韓国の史実に「高麗」や「暗行御吏」が存在し、昨今の対韓情勢を考慮すると、原作の名称をそのまま使用するのは望ましくないとされたためとも言われている。(wikipedia参照)      
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。