アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き過去のおすすめアニメ>カレイドスター

カレイドスター

カレイドスター』はテレビ東京でで放映されたTVアニメ。(2003年4月~9月)
その後『カレイドスター 新たなる翼』と改題して通算51話が放映。(2003年10月~2004年3月)
続編にOVA『カレイドスター 新たなる翼 -EXTRA STAGE-』(2004年9月)、『カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~』(2005年12月)
各キャラクターが可愛い3DCGの チビキャラで登場する『カレイドスター ぐっどだよ! ぐぅーっど!』(2006年9月)
カレイドスター(公式サイト)

OVA カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~(限定版) 舞台はアメリカ、そこにサーカスとミュージカル、マジックを組み合わせたようなエンターテイメントを提供する集団があった。 その名を「カレイドステージ」という。
幼い頃に見たカレイドステージに憧れ、16歳のときに単身日本からやってきた主人公の苗木野そら(なえぎの そら)は、選ばれたものにしか見えないステージの精霊であるフールが見えるが、新体操しかやったことが無く、演技については完全な素人。しかもオーディションに遅刻して来た上にカロスが特別扱いする為、レイラから完全に敵視されることに・・・。しかし彼女はさまざまな試練に遭遇しながらも、持ち前の前向きさと身体能力、そして根性でそれらを乗り越え、やがてカレイドステージの花形、カレイドスターへと変身していく・・・。(公式サイト等より)


カレイドスター (KALEIDO STAR)
キャスト
  • 苗木野そら : 広橋涼
  • ミア・ギエム : 西村ちなみ
  • アンナ・ハート : 渡辺明乃
  • レイラ・ハミルトン : 大原さやか
  • ユーリ・キリアン : 千葉進歩
  • フル・フール : 子安武人
  • サラ・デュポン : 久川綾
  • ケン・ロビンス : 下野紘
  • カロス・永戸 : 藤原啓治
  • ポリス : 石塚運昇
  • マリオン・ベニーニ : 折笠富美子
  • ジョナサン : 小桜エツ子
  • ロゼッタ・パッセル : 水橋かおり
  • メイ・ウォン : 中原麻衣
  • レオン・オズワルド : 櫻井孝宏
  • Mr.ケネス : 千田光男
  • ケビン・ハミルトン : 津田英三
  • マッコリー・トンプソン : 島涼香
  • ジャック・ハート : 石井康嗣
  • ジュリア・ハート : 加藤ゆう子
  • アンヌ・パッセル : 杉本ゆう
  • 苗木野みどり : 篠原恵美
  • ルーシー・ロビンス : 千葉千恵巳
  • シンシア・ベニーニ : 山口由里子
  • シャーロット : あびる優
  • ジュリー : 大森玲子
  • キャシー・ティモア : 三石琴乃
  • マイク・アボット : 堀秀行
  • dio : 鈴村健一
  • 倉田まなみ : 豊口めぐみ
  • マギー : 伊藤静
  • バレエ講師 : 島田敏
  • イアン・ソープ : 諏訪部順一
  • : ほか
主題歌 : (試聴有り)
「カレイドスター」 ~2枚目の すごい ミニアルバム
カレイドスター サントラ他
オープニング曲:
  1. 『TAKE IT SHAKE IT』 : Sugar
  2. 『約束の場所へ』 : 米倉千尋
  1. 『Tattoo Kiss』 : r.o.r/s
エンディング曲:
  1. 『real identity』 : Sugar
  2. 『-僕はここにいる-』 : SOPHIA
  1. 『escape』 : r.o.r/s
その他:
ちょこっとメモ
そらとレイラの すごい ○○・・・!?
2004年6月より、本作品関連のインターネットラジオ番組『そらとレイラの すごい ○○』が2006年6月まで音泉にて配信されていた。 パーソナリティは番組のタイトル通り、苗木野そら役の広橋涼とレイラ・ハミルトン役の大原さやか。企画段階では当時人気だったロゼッタ役の水橋かおりと広橋涼がパ-ソナリティの予定だったが音泉の運営元であるタブリエの取締役、やまけんが「カレイド」にハマって、「やっぱり、レイラさんでしょ!」の一言で、広橋と大原の組み合わせとなった。
いわゆるアニラジ(アニメ関連のラジオ番組)であるが、そもそもアニメの放送終了後に関連ラジオ番組が開始となるのも異例なら、ただでさえ変転著しいネットラジオ界において、しかも特定アニメタイトル関連の番組が、年始を除いて毎週更新で2年もの期間で放送されたのも極めて異例である。番組中で採り上げた本がAmazon.co.jpの売り上げランキングで順位上昇したこともあるなど、日本国内に留まらず、海外のリスナーも少なくなかったほどであった。(wikipedia参照)
ちなみにカレイドスターの元にもなっている『シルク・ドゥ・ソレイユ(太陽のサーカス)』はカナダの大都市モントリオールが本拠地であり、独特のスタイルに基づいたそれらのショーは、その芸術性の高さから多くの名声を集め、世界中で幅広い人気を博している。
     
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。