アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き過去のおすすめアニメ>.hack//SIGN

.hack//SIGN

.hack//SIGN』(ドットハック サイン)はProject .hackの一環として製作されたTVアニメ。
テレビ東京系列で放映、全26話。(2002年4月~9月)
キャラクター原案は『新世紀エヴァンゲリオン』で知られる貞本義行が、脚本は『機動警察パトレイバー』の伊藤和典が担当。
関連作に『.hack//黄昏の腕輪伝説』、『.hack//Roots』(ドットハック ルーツ)。
TV未放映のOVAを含むと全28話『Intermezzo』、『Unison』他にゲーム全巻購入者に着いてくるおまけOVA『.hack//GIFT』。
コミックに『.hack//XXXX (1)他』、ゲームに『.hack//G.U. Vol.1 再誕 他』、その他『.hack//G.U. The CARD BATTLE BOX他』。
.hack(公式サイト)

.hack//SIGN DVD-BOX 世界的な人気と注目を浴びているネットゲーム「The World」。
ある日、そのゲームワールド内で、小さな・・・しかしあるはずのない事故が発生した。呪紋使い司(つかさ)がログアウトできなくなってしまったのだ。フェイスマウントディスプレイを使用し、ユーザーにリアルな感覚を提供している「The World」で、それはあってはならない事故。呆然とゲームワールド内でたたずむ司の前に、やがて猫の姿をしたPC(プレイヤー・キャラクター)・マハが現れ、ひとり眠り続けている少女に引き合わせる。少女の名はアウラ。司はその時、リアルワールドのプレイヤーまで傷つけてしまう力を得てしまう。
司の得た力の謎、ログアウトできない理由、そして少女アウラの正体。何者かに操られているかのような事件の中、司の行方は何処にあるのか・・・。(公式サイト等より)


.hack//SIGN
キャスト
  • 司 : 斎賀みつき
  • ミミル : 豊口めぐみ
  • ベア : 中田和宏
  • BT : 平松晶子
  • 昴 : 名塚佳織
  • クリム : 三木眞一郎
  • 楚良 : 家中宏
  • : ほか
  • 銀漢 : 千葉一伸
  • A-20 : 榎本温子
  • アウラ : 坂本真綾
  • モルガナ・モード・ゴン : 田中理恵
  • ヘルバ : 冬馬由美
  • ハロルド=ヒューイック : 山崎たくみ
  • バルムンク : 檜山修之
主題歌 : (試聴有り)
.hack//SIGN ORIGINAL SOUND & SONG TRACK 1
.hack//SIGN サントラ他
オープニング曲: エンディング曲:
  1. 『Obsession』 : See-Saw
  1. 『優しい夜明け』 : See-Saw
ちょこっとメモ
.hack(ドットハック)のストーリー!?
時系列順で参照する際は小説『.hack//AI buster』→アニメ『.hack//SIGN』→小説『.hack//ZERO』→第1期ゲーム『.hack』→漫画・アニメ『.hack//黄昏の腕輪伝説』→(ここからThe World R:2時代)→アニメ『.hack//Roots』→第2期ゲーム『.hack//G.U.』の順で見ると判りやすい。(wikipedia参照)
20世紀末~2004年までに全世界規模で爆発的に普及したインターネットにより、「情報の民主化」が発生。その負の影響として、ネット内では様々なハイテク犯罪が増加した。そんな中、「Deadly Flash」と呼ばれるコンピュータウイルスの効果で死者7名を出す惨事が勃発。ウイルス作成者である日本人男性にはネットワーク犯罪史上初の死刑判決が下された。2005年12月24日に「Pluto Kiss(冥王のくちづけ)」と呼ばれるウイルスが発生。
ウイルスは社会の様々な機能を停止させ、全世界のネットワークも瞬時に停止。だがALTIMIT(アルティミット)と呼ばれるOSを搭載したコンピュータだけはこのウイルスの影響を受けなかった。これにより、ALTIMITは新たなる世界レベルの標準OSとして普及したが、一般社会において通常の人間はネット使用が禁止。2006年夏、ALTIMITが個人向けにも普及され始め、ALTIMITを制作したメーカーから離れた有志がサイバーコネクト社(CC社)を設立。そして「フラグメント」と呼ばれ、後にThe Worldのプロトタイプとなったネットワークゲームの企画をハロルド・ヒューイックと名乗るドイツ人がCC社へ持ち込む。・・・続きは『.hack//Roots』メモへ。
また、本作『.hack//SIGN』の後の出来事を描いたPS2用ソフト『.hack//感染拡大 Vol.1』、『Vol.2』、『Vol.3』、『Vol.4』も発売されている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。