アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルメタル・パニック! The Second Raid 第3話「迷宮と竜」


フルメタル・パニック ! DVD-BOX 1 (初回限定生産) 今回コマーシャル長いなぁ~・・・
時代劇アニメかぁ~・・・
スパイダーマン・・・!?
ってもう始まってるじゃん(o_ _)o
今回コミカルな部分はここぐらいでした。
終盤はミスリルの精鋭部隊がバッタバッタと・・・
もうユイランちゃん恐すぎです。
ついには、マオ姐さんまでも大ピンチに(>_<)

感想の続きへ・・・

・・・続きの前にコチラをクリックして頂けると嬉しいです

[フルメタル・パニック! The Second Raid 第3話(7月27日放送)]の続きを読む
スポンサーサイト

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「黄金の意志」


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9 今日は黄金のガンダム、百式ガンダム カガリの搭乗機体アカツキの登場です。
(*'へ'*) ンー・・・
でもカガリってそんなにモビルスーツの操縦上手かったかな?
しかもそんなに目立ってたら戦場で真っ先に集中で狙われちゃうような・・・(>_<)

感想は続きに・・・

・・・その前にちょこっとランキングを見てみる?

フルメタル・パニック! The Second Raid 第2話「水面下の情景」


フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene00<初回限定生産>今回のフルメタはサービス満点!!
前回のかなめちゃんの出番の少なさとは打って変わってもう冒頭から目が離せません(/∀\)イヤン!
その一方、謎の中国少女他、敵組織らしき人物の存在が明らかに!?

水曜深夜0:00帯よりWOWOWノンスクランブル(無料放送)にて放映中!!

本編の感想は続きへ・・・

・・・続きの前にコチラをクリックして頂けると嬉しいです
機動戦士ガンダムSEED DESTINY「天空のキラ」

今回は待ちに待ったキラの活躍です~♪
ついに、キラが新型機でバッタバッタと敵を薙ぎ払っちゃうんです!!
そう・・・そしてその愛機の名は・・・

ストライクフリーダムガンダム!!

(」^o゚)」 ヒューヒュー♪
かっこいい~(≧∇≦)
感想は続きに・・・

フルメタル・パニック! The Second Raid 第1話「終わる日々」

ついに始まりました~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
今夏、期待度一番!のアニメ、フルメタル・パニック! The Second Raid。
フルメタと言えば、下川みくにさん。
今回もOP・ED曲ともこれまた良いですね~♪
そして何と言ってももこのアニメーションのクオリティの高さ!!
すごいです!さすがです!!京都アニメーション(≧∇≦)ъ

でもアメリカの9.11や今回のイギリスと何かとテロ事件のときと被っちゃうフルメタ・・・何か因縁めいたものを感じますね(^^ゞポリポリ
本編の感想は続きへどうぞ~

週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>NARUTO -ナルト-

NARUTO -ナルト-

NARUTO』は原作:岸本斉史(きしもと まさし)、1999年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載の忍者アクション漫画。
TVアニメは、テレビ東京系列にて放映中。(2002年10月~)
劇場版も2004年から毎年8月公開で現在3作品作成されている。
DVDに『NARUTO -ナルト-(1)他』、ゲームに『ナルティメットヒーロー3他』、その他『Let’s!TVプレイ NARUTO-ナルト- 忍者体感だってばよ~他』。
NARUTO-ナルト-どっとこむ

TVアニメーション NARUTO~ナルト~(1)
木ノ葉隠れの里の落ちこぼれ忍者、うずまきナルトの成長と活躍の物語。
アニメについては、日本国内にも増して海外では非常に人気が高く、アニメーションやストーリーやキャラクターの魅力といった点のみならず、海外ではどこか神秘的で人気がある「忍者」という存在が前面に押し出され、その存在に娯楽的な要素がふんだんに盛り込まれているところが大きい。
また、長期人気が続いているため連載中の原作マンガにアニメが追いつき、オリジナルアニメストーリーが増えるという現象が起こっているが、原作にはない一味違ったストーリーも楽しめる。

人気ブログランキング ・・・すごいんだってばよ!ブログランキング

NARUTO -ナルト-
キャスト
  • うずまきナルト : 竹内順子
  • うちはサスケ : 杉山紀彰
  • 春野サクラ : 中村千絵
  • はたけカカシ : 井上和彦
  • うみのイルカ : 関俊彦
  • 日向ヒナタ : 水樹奈々
  • 奈良シカマル : 森久保祥太郎
  • 山中いの : 柚木涼香
  • 犬塚キバ : 鳥海浩輔
  • 秋道チョウジ : 伊藤健太郎
  • 薬師 カブト : 神奈延年
  • マイト・ガイ : 江原正士
  • ロック・リー : 増川洋一
  • 日向ネジ : 遠近孝一
  • テンテン : 田村ゆかり
  • 綱手 : 勝生真沙子
  • シズネ : 根本圭子
  • ミズキ : 三木眞一郎
  • 木ノ葉丸 : 大谷育江
  • 自来也 : 大塚芳忠
  • 我愛羅 : 石田彰
  • テマリ : 朴路美
  • 大蛇丸 : くじら
  • :ほか
主題歌 : (試聴有り)
NARUTO-ナルト-Best Hit Collection
~ TVサントラ
NARUTO サントラ他
オープニング曲:
  1. 『R★O★C★K★S』 : HOUND DOG
  2. 『遥か彼方』 : ASIAN KUNG-FU GENERATION
  3. 『悲しみをやさしさに』 : little by little
  4. 『GO!!!』 : FLOW
  5. 『青春狂騒曲』 : サンボマスター
  1. 『ノーボーイ・ノークライ』 : STANCE PUNKS
  2. 『波風サテライト』 : シュノーケル
  3. 『Re:member』 : FLOW
  4. 『ユラユラ』 : Hearts Grow
エンディング曲:
  1. 『wind』 : Akeboshi
  2. 『ハルモニア』 : RYTHEM
  3. 『ビバ★ロック~japanese side~』 : ORANGE RANGE
  4. 『ARIVE』 : 雷鼓
  5. 『今まで何度も』 : ザ・マスミサイル
  6. 『流星』 : TiA
  7. 『マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー』 : キャプテンストライダム
  8. 『はじめて君としゃべった』 : ガガガSP
  1. 『失くした言葉』 : ノー・リグレット・ライフ
  2. 『スピード』 : アナログフィッシュ
  3. 『そばにいるから』 : アマドリ
  4. 『パレード』 : CHABA
  5. 『Yellow moon』 : Akeboshi
  6. 『ピノキオ』 : オレスカバンド
  7. 『シナリオ』 : SABOTEN
ちょこっとメモ
忍者の流派・伊賀と甲賀!?
伊賀流、甲賀流とも忍術の中で最も有名な流派である。甲賀は本来「こうか」と読み、地名に因る名称であるが、忍術に関してのみ「こうが」との誤読が一般的となっている。甲賀忍者には、上忍はなく、最高位は中忍である。
次に、伊賀流においては独特の訓練法が知られており、例えば顔の半分を紙で覆い、紙を顔から落とす事なく一里以上を走りぬく等、幼少の頃から厳しい訓練のもと、優れた忍者を育てる事を伝統としてきた。伊賀郷士はしばしば雇い主が敵同士の場合でも、依頼があれば双方に忍者を派遣する実例をも持つ。そのため他の郷の忍者よりも一層、例え仲間であろうと即座に処断できるような厳酷な精神も求められた。
甲賀忍者が1人の主君に忠義を尽くすのに対し、伊賀忍者は金銭による契約以上の関わりを雇い主との間に持たない点で違いがある。伊賀忍者では『服部半蔵』、『百地丹波』など有名。一方甲賀忍者でも『猿飛佐助』、『霧隠才蔵』が有名ではあるが実在の人物ではないとされる。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY「新しき旗」
・・・よりも主題歌です(笑)

今週から新オープンニング・エンディング曲になりましたね♪
ED曲は良いんじゃない?と思うんだけどOP曲は背景アニメと合っていない感じもするし、ガンダムの始まりとしてはちょっと物足りないです(>_<)
これはちょっと慣れるのに時間がかかりそうです・・・。

そんな事よりも 背景アニメ にかなり目を奪われました。
まず、カガリのバックに映った金色のガンダム!
Zガンダムに登場する百式みたいでちょっと期待です♪

そして次に出てきた
(@'ω'@)ん?・・・
ほんの一瞬だったので後で一時停止して確認・・・

黒い三連星ですか・・・!?(こちらを参照)

初代ガンダムのおじさん三人組よりもかなり美形度はアップしてますが、これは正しく・・・
やっぱり必殺技はジェットストリームアタック!?
うわ~♪この人達の登場が今から楽しみ♪

え~では38話の感想ですけど・・・
ジブリールさんの見事な去り方に座布団1枚です(^0^)/=□
敗勢濃厚になったときにロゴスの老人達が振り返ったら・・・
すでにその場から退散しています(笑)
お~い!?
大将がそれでいいの?
とツッコミは置いといて、戦局を見極められないロゴスのおじいちゃん達のコミカルなボケが良かったです♪
『おい、ジブリール! これでは・・・!Σ( ̄□ ̄;)』・・・ 多分こんなアングリ顔になったんでしょうね(爆)
おじいちゃん達もジブリールに意見聞く前に逃げよ~よ・・・(泣)
とテレビの前でツッコミをいれてあげるのでした(人-)南無~


人気ブログランキング
とんでも面白blogランキングはコチラ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY「雷鳴の闇」
© 創通エージェンシー・サンライズ・毎日放送

前回、なんとかメイリンとのランデブーに成功したアスランでしたが、さすがに2機の新型ガンダムに追い詰められてグフではキツイですね~(>_<)
「ザクとは違うのだよ!」なんて言ってる暇はありません(汗)
ただ、自分の考えを言わなきゃいけない所でためらうアスランってちょっと不甲斐なさすぎです。
決心してすでに逃亡という行動に移っているのに・・・
しまいにはレイに錯乱状態だと言われてしまう始末。(T_T)トホホ
まぁ、単にレイに踊らされてるだけのシンも似たようなもんですね。
でも今のアスランはシンのバーサクモードで簡単にやられてしまいます。
勿論、人気急上昇中のメイリンちゃんともども救助されるんですけどね♪

戦闘を終えて帰ってきたシンは廊下でルナマリアと鉢合わせ・・・
妹が死んでしまったと思ってるルナマリアは号泣、それを抱きすくめるシン・・・
問題のシーンはこの後起こります!?


部屋に帰ってきてすぐにベッドに潜り込むシン。
なにやらモゾモゾして想像までしちゃってます。

ま・・まさか・・・!Σ( ̄□ ̄;)

単に妹の形見の携帯をポケットから取り出そうとしてたんですね。(笑)
でもそこでいくらなんでもステラちゃんのあられもない姿を想像するのはどうかと思うぞ、シン!!(爆)

そしてそれぞれの想いが交錯するなか、次回へと続く・・・


人気ブログランキング
面白ブログ満載のblogランキング
「ケロロ ペコポンにほえろ! であります」

今回のケロロ軍曹は「太陽にほえろ」のパクリです(笑)
もちろんケロロは渡哲也の役です♪
凶悪食い逃げ宇宙人の捜査していくのだけど結局ケロロが犯人に!?
言うまでもなく取り調べには定番のカツ丼です。
というか食い逃げ宇宙人、いくらケロロが大口あけて眠ってたからって日向家のしかも地下室にいきなり忍びこめるなんて無理矢理すぎるぞ~(爆)

で今日のモアちゃん四文字熟語
「行方不明?」「無罪放免♪」
やっぱりこれは聞いとかないとね(^o^)


「タママ ケロン星からの訪問者 であります」
 
後半は新キャラ、カララ登場のお話。
カララは大阪弁を話すケロン人の女の子なんだけど、
短冊の願い事見るまで気付かないなんて・・・
ケロン人のオスとメスって・・・
    どうやって見分けるんだよ~(爆)
てかタママも女の子としてやってけそうだけどね♪
(ちょっとケロロに対する愛が強すぎて暴力的だけど(o_ _)o )


人気ブログランキング
人気blogランキングも見て下さいね♪
週間少年アニメ大好き過去のおすすめアニメ>聖闘士星矢

聖闘士星矢

原作は車田正美(くるまだ まさみ)、週刊少年ジャンプ(集英社)に連載された人気漫画。
東映動画(現東映アニメーション)制作でテレビ朝日系にて放映(1986年10~1989年4月)
TVアニメは「ポセイドン編」までで終了したが、その続編である冥王ハーデス編、『天界編 序奏~overture~』がOVA化。
聖闘士星矢(集英社公式サイト)

聖闘士星矢 DVD-BOX 1 ペガサスBOX ギリシアで修業を積み、ペガサスのクロスを手に入れた少年・星矢がアテナを守るための聖闘士(セイント)となり、同じ境遇の仲間の聖闘士たちとともにこの世に蔓延する邪悪な敵と壮絶な死闘を繰り広げる。
ギリシャ神話を元にした設定は人気を博し、『ドラゴンボール』、『北斗の拳』、『キン肉マン』等と並んで1980年代の「週刊少年ジャンプ」黄金時代の看板作品の一つ。
アニメの声優もハマリ役が多く見所満載であったが、 続編OVAの『冥王ハーデス編』以降は、故人や高齢の役者は一部変更になり、中には完全な現役の人気役者も数多く降板になっており作品自体の評価もファンの間で大きく分かれた。 


聖闘士星矢
キャスト
  • 星矢 : 古谷徹
  • 紫龍 : 鈴置洋孝
  • 瞬 : 川亮
  • 氷河 : 橋本晃一
  • 一輝 : 堀秀行
  • 城戸沙織 : 潘惠子
  • 魔鈴 : 山本百合子
  • 光政 : 宮内幸平
  • シャイナ : 小山茉美
  • 魔鈴 : 山本百合子
  • 邪武 : 目黒光祐
  • ジュネ : 鶴ひろみ
  • アルゴル : 神谷明
  • カシオス : 銀河万丈
  • ポラリス(北極星)のヒルダ : 堀江美都子
  • : ほか
  • 牡羊座(アリエス)のムウ : 塩沢兼人
  • 牡牛座(タウラス)のアルデバラン : 玄田哲章
  • 双子座(ジェミニ)のサガ : 野島昭生(善)、曽我部和恭(悪)
  • 双子座(ジェミニ)のカノン : 曽我部和恭
  • 蟹座(キャンサー)のデスマスク : 田中亮一
  • 獅子座(レオ)のアイオリア : 田中秀幸
  • 乙女座(バルゴ)のシャカ : 三ツ矢雄二
  • 天秤座(ライブラ)の童虎 : 矢田耕司
  • 蠍座(スコーピオン)のミロ : 池田秀一
  • 射手座(サジタリアス)のアイオロス : 屋良有作
  • 山羊座(カプリコーン)のシュラ : 戸谷公次
  • 水瓶座(アクエリアス)のカミュ : 納谷六朗
  • 魚座(ピスケス)のアフロディーテ : 難波圭一
  • 先代・牡羊座(アリエス)のシオン : 飛田展男
  • ジュリアン・ソロ(海皇ポセイドン) : 難波圭一
主題歌 : (試聴有り)
聖闘士星矢 主題歌&BEST
オープニング曲: エンディング曲:
  1. 『ペガサス幻想(ファンタジー)』 : MAKE-UP
  2. 『聖闘士神話(ソルジャードリーム)』 : 影山ヒロノブ/BROADWAY
  1. 『永遠ブルー』 : MAKE-UP
  2. 『夢旅人』 : 影山ヒロノブ/BROADWAY

ちょこっとメモ
声優交代の波紋!?
2005年冬より、SkyPerfecTV!にて『聖闘士星矢・冥王ハーデス冥界編』として新たな作品が放送されたが、新作発表に伴い、星矢役を古谷徹から森田成一へ変更するなど、星矢、紫龍、氷河、瞬、一輝、沙織ら6人の主役陣を、若手を中心とした声優への変更がなされた。
20年余りにもわたる根強い人気作品であることから、唐突な声優の交代に対する反響は大きく、2003年からの再アニメ化でオリジナルキャストの高齢化による声質の劣化を嘆いていたファンもいる一方で、キャストの全面的交代に反発するファンの一部からは、初代星矢の声優古谷徹のサイトの掲示板にメッセージが国内外から連日寄せられ、中には原作者へ向けて、さらにはファン同士の誹謗中傷等も集まり、古谷がファンとの交流のために定期的に行っていたチャットが中止になるアクシデントも生じた。
ちなみに、TVアニメ放送された第60話天蠍宮(てんかつきゅう)での戦いで、スコーピオンのミロと星矢、紫龍が一同に会する場面がある。それぞれの声優がスコーピオンのミロ(池田秀一)、星矢(古谷徹)、紫龍(鈴置洋孝)でガンダムシリーズではシャア、アムロ、ブライトを担当でミロの必殺技『スカーレッドニードル』も赤い彗星をイメージさせる画面効果!?に見えてコソっと楽しめる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。