アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年2007年秋に、映画、アニメ、コミック、ゲームといったイベントを総合的に集めた『国際コンテンツカーニバル』の開催が予定されており、東京ゲームショウや東京国際映画祭、東京国際アニメフェア等の大規模イベントの統合が現実味を帯びてきている。
ただし、開催までにクリアしなければならない問題は山積している。
まず問題となるのが開催場所。今年の東京ゲームショウは幕張メッセの1~8ホールをすべて使い切る規模となっているほか、2006年3月に開催された東京国際アニメフェアも、東京ビッグサイトの東1~3ホールを使うなど、いずれも大規模の展示会となっている。その他、イベント開催時期の調整も関係業界の思惑が絡んでおり、道のりは厳しそうだ。
スポンサーサイト
神宮球場で行われた7月21日のオールスター第1戦、オールパシフィック・日本ハム森本稀哲外野手(25)の、パフォーマンスに唖然。
頭部を緑色に塗り、2本の触角をつけて登場。チームメイトの新庄のアドバイスで、人気アニメ『ドラゴンボール』のキャラクター『ピッコロ大魔王』のコスプレ。
試合前に20分間じっくり特殊メークしてもらう念の入れようで、観衆の視線をくぎ付けにした。
第1戦のMBP(most 爆笑 player)は新庄ではなくて森本が受賞!?
週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>ONE PIECE -ワンピース-

ONE PIECE -ワンピース-

ONE PIECE』は原作:尾田栄一郎(おだ えいいちろう)、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。(1997年~)
TVアニメはフジテレビ系列にて放映。(1999年10月~)
劇場版は2000年から毎年公開されている。
DVDに『One piece・1stシーズン』・『グランドライン突入篇』・『チョッパー登場・冬島篇』・『アラバスタ・上陸篇』・『TVオリジナル篇』・『空島・スカイピア篇』・『総合最新順』。
ゲームに『Fighting For ONE PIECE ファイティング フォー ワンピース他』、その他『ONE PIECE チョッパーマン他
ONE PIECE -ワンピース-(公式サイト)

ONE PIECE piece.1 伝説の海賊王ゴールド・ロジャー(ゴール・D・ロジャー)が遺した富と名声と力の「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、海賊達が群雄割拠する大海賊時代。そんな海賊に憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれるふしぎな実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、海賊王となるために仲間とともに約束の地ラフテルを目指して『グランドライン(偉大なる航路)』へと旅立つ。
仲間との友情・勝利を前面に押し出し、それに加えて未知なる大海原への冒険といったテーマ等が読者に受け入れられ、単行本の発行部数は第36巻発売時に史上最短で1億部を突破。『海賊王に俺はなる!!』このフレーズが心に響く人気作品。


ONE PIECE -ワンピース-
キャスト
  • モンキー・D・ルフィ : 田中真弓
  • ロロノア・ゾロ : 中井和哉
  • ナミ : 岡村明美
  • ウソップ : 山口勝平
  • サンジ : 平田広明
  • トニートニー・チョッパー : 大谷育江
  • ニコ・ロビン : 山口由里子
  • ネフェルタリ・ビビ : 渡辺美佐
  • シャンクス : 池田秀一
  • バギー : 千葉繁
  • クリーク : 立木文彦
  • アーロン : 小杉十郎太
  • エネル : 森川智之
  • ドリー : 郷里大輔
  • ブロギー : 稲田徹
  • ワポル/フォクシー : 島田敏
  • サー・クロコダイル : 大友龍三郎
  • べラミー : 高木渉
  • ポートガス・D・エース : 古川登志夫
  • マーシャル・D・ティーチ : 大塚明夫
  • フランキー : 矢尾一樹
  • スパンダム : 小野坂昌也
  • ロブ・ルッチ : 関智一
  • カク : 置鮎龍太郎
  • フクロウ : 渡辺久美子
  • カリファ : 進藤尚美
  • 青キジ : 子安武人
  • ジュラキュール・ミホーク : 青野武
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ : 田中秀幸
  • : ほか
主題歌 : (試聴有り)
ONE PIECE BEST ALBUMワンピース主題歌集
ワンピース サントラ他
オープニング曲:
  1. 『ウィーアー!』:きただにひろし
  2. 『Believe』:Folder5
  3. 『ヒカリへ』:ザ・ベイビースターズ
  4. 『BON VOYAGE!』:BON-BON BLANCO
  1. 『ココロのちず』:BOYSTYLE
  2. 『BRAND NEW WORLD』:D-51
  3. 『ウィーアー! 7人の海賊団バージョン』:7人の海賊団
  4. 『Crazy Rainbow』:タッキー&翼
エンディング曲:
  1. 『Memories』:大槻真希
  2. 『RUN! RUN! RUN!』:大槻真希
  3. 『私がいるよ』:トマトキューブ
  4. 『しょうちのすけ』/『sub』:推定少女
  5. 『BEFORE DAWN』:AI-SACHI
  6. 『fish』:The Kaleidoscope
  7. 『GLORY-君がいるから-』:上原多香子
  8. 『Shining ray』:Janne Da Arc
  9. 『Free Will』:Ruppina
  1. 『faith』:Ruppina
  2. 『A to Z』:ZZ
  3. 『月と太陽』:shela
  4. 『DREAMSHIP』:イクタ☆アイコ
  5. 『未来航海』:タッキー&翼
  6. 『エターナルポーズ』:エイジアエンジニア
  7. 『Dear friends』:TRIPLANE
  8. 『明日は来るから』:東方神起
  9. 『ADVENTURE WORLD』:デリカテッセン
ちょこっとメモ
大航海時代最強の海賊『赤ヒゲ』のハイレディン・・・!?
地中海を恐怖に陥れたバルバリア海賊で最も有名なのが、『バルバロッサ(赤ヒゲ又はバルバリアの王)』の異名を持つハイレディン。ハイレディン・バルバロッサ、もしくはバルバロッサ・ハイレディンとも呼ばれる。エーゲ海のレスボス島の出身といわれ、ヨーロッパ人からおそれられた大海賊。
当初はアルジェを拠点に北アフリカ海岸で活動する海賊を率いていたが大規模な海賊掃討作戦があり、1533年、艦船や人員丸ごとすべてオスマン帝国に帰順した。その後、レイス(船長)の称号を与えられ、卓越した航海術でスレイマン1世からオスマン水軍の海軍指令(カプダン・パシャ)にまで任じられ、1538年のアンドレア・ドーリア率いるスペイン艦隊とのプレヴェザ海戦で自軍を見事勝利へと導き、オスマン帝国が地中海ほぼ全域の制海権を握るまでに海軍を鍛えあげた。
また、 ハイレディン麾下の提督として活躍したピリー・レイス。海軍軍人としての職務のかたわらで詳細な世界地図と航海案内書を作成してオスマン皇帝に献呈したことで、艦隊司令官としてよりも、地図作成者として後世に名を残した。
彼の地図はオーパーツ説としても注目されている。ちなみに、KOEIの歴史シミュレーションゲーム『大航海時代Ⅱ』にも登場するハイレディン・レイスとピリー・レイス。共に敵に回すとこの上ない強敵である。
 現在、キャラクターソングを配信中の着うたサイト・オリコンスタイルでは、7月12~18日のダウンロードランキングで、11位に長門有希(C.V.茅原実里)の『雪、無音、窓辺にて。』、20位に涼宮ハルヒ(C.V.平野綾)の『パラレルDays』、21位に涼宮ハルヒ(C.V.平野綾)の『ハレ晴レユカイ』がランクインしている。
リリース前から注目だった、『涼宮ハルヒ』のキャラソン、着うたでは長門さんが一番人気!
週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>カペタ capeta

カペタ capeta

capeta』(カペタ)は原作:曽田 正人(そだ まさひと)、2003年より『月刊少年マガジン』(講談社)で連載開始のレーサー漫画。
第29回講談社漫画賞少年部門受賞。
TVアニメは、2005年10月より、テレビ東京系列で放送。
DVDに『カペタ Vol.1~13』。
カペタ capeta(テレビ東京)

カペタ Vol.1 退屈な日々を過ごす小学4年生の主人公、平勝平太(たいらかっぺいた・通称カペタ)は、ある日、父から手製のレーシングカートをもらう。早速走らせにいったサーキットで、実はそのカートはフレームが曲がったままのまっすぐに走らないシロモノであることにカペタたちは気づく。しかし初めてのサーキット走行で乗りこなした上に驚くべき才能の片鱗を見せたカペタは、以後公式戦という未知の領域で、その走りの資質をさらに研ぎすましてゆく・・・。
アニメ放送当初のちびっ子カート時もそれなりに楽しめるが、声優が替わった中盤からがレースシーンやストーリーも盛り上がり俄然面白い。

人気ブログランキング ・・・カッちゃん頑張れ~!!ブログランキング

カペタ capeta
キャスト
  • 平 勝平太 : 安達直人/豊永利行
  • 安藤 信 : 滝原裕太/喜安浩平
  • 鈴木茂波 : 宮本侑芽/菊地美香
  • 平 茂雄 : 小手伸也
  • 熊田茂吉 : 永野広一
  • 源 奈臣 : 内藤玲
  • 源 奈々子 : 大輝ゆう
  • 井狩社長 : トニーヒロタ
  • 田川上桃太郎 : 福麻むつ美
  • 玉木薫 : 根谷美智子
  • : ほか
  • サルッキー : 石橋美佳
  • 梶原 慶 : 津田健次郎
  • 渋谷昭彦 : 岩崎征実
  • 本間太郎 : 下崎紘史
  • 田中仁 : 途中慎吾
  • 志波リョウ : 前田剛
  • 加賀美敦也 : 深貝大輔
  • 田中肇 : 西村仁
  • 秦紀子 : 齊藤真紀
  • 大亀総太 : 川原慶久
主題歌 : (試聴有り)
カペタ オリジナルサウンドトラック
オープニング曲: エンディング曲:
  1. 『Never Ever』 : 今井翼
  2. 『導火線』 : BAZRA
  1. 僕ら : BAZRA
  2. 『ナナナビゲーション』 : 星井七瀬
  3. 『Here we go!』 : ミサイルイノベーション
  4. 『My Star』菊地美香
ちょこっとメモ
皇帝ミハエル・シューマッハ!?
カートコースの職員だった父の影響を受け幼少の頃からカートを始め、1984年、1985年ドイツ・ジュニア・カートチャンピオン、1987年にドイツ・ヨーロッパ・カートチャンピオンとなった。
メルセデス・ベンツに才能を見出され、若手育成プロジェクトで英才教育を受け、1990年にはドイツF3王者となり、同年のマカオGPでイギリスF3王者ミカ・ハッキネンらを下し優勝。1991年7月全日本F3000第6戦にスポット参戦。初参戦・初めてのサーキット(SUGO)・性能の低いラルトシャーシといった悪条件をものともせず決勝で2位を獲得。なおF3からF1へステップアップする間に参戦したF3000のレースはこの1戦のみである。
その後F1へステップアップし、ジョーダン→ベネトン→フェラーリと在籍し、数々の記録を更新し続けているF1史上に残る名ドライバー。また、同時代のあらゆるスポーツ選手の中でも屈指の高給取りで、最盛期には年間8000万ドルの収入があると言われていた。アメリカの経済誌「フォーブス」が発表するスポーツ選手長者番付では毎年タイガー・ウッズと1位を争う。しかし、F1レーサーの居住地である所得税ゼロのモナコではなく、「静かな生活が送れる」スイスに住み、移動に使うプライベート・ジェットは弟ラルフ所有機の豪華さに対し、、生活はいたって質素であるとされ、実際、スキャンダルめいた話は一切聞かれない。子供のお小遣いも数百円程度であるという。
週間少年アニメ大好き過去のおすすめアニメ>テニスの王子様

テニスの王子様

原作は許斐剛(このみ たけし)週刊少年ジャンプ連載(集英社)の人気テニス漫画。略称「テニプリ」。
TVアニメは、2001年10月から、2005年3月わたりテレビ東京系列にて放映。
劇場版にテニスの王子様 -二人のサムライThe First Game-/跡部からの贈り物 ~君に捧げるテニプリ祭り~
テニスの王子様公式サイト(テレビ東京)

テニスの王子様 DVD FAN DISC The Best and The Brightest Remix アメリカのテニスJr.大会で4連続優勝経験のある天才少年・越前リョーマを始め、登場人物の多くが天才的テニスプレーヤーとして描かれた従来のスポ根ものとは対極にある作品。
アニメ化をきっかけに作品人気が上昇し、当初の放送期間が度々延期されるが、ストーリーが原作を追い越してしまい、2005年3月で放送終了。
小・中学生の間でテニスブームを引き起こし、 スポーツ少年漫画でありながらも多くの女性読者層を獲得した秀逸作でもある。


テニスの王子様
キャスト
  • 越前リョーマ : 皆川純子
  • 手塚国光 : 置鮎龍太郎
  • 大石秀一郎 : 近藤孝行
  • 乾貞治 : 津田健次郎
  • 河村隆 : 川本成
  • 菊丸英二 : 高橋広樹
  • 不二周助 : 甲斐田ゆき
  • 桃城武 : 小野坂昌也
  • 海堂薫 : 喜安浩平
  • 竜崎桜乃 : 高橋美佳子
  • 小坂田朋香 : 大浦冬華
  • : ほか
  • 竜崎スミレ : 尾小平志津香
  • 橘桔平 : 川原慶久
  • 観月はじめ : 石田彰
  • 千石清純 : 鳥海浩輔
  • 亜久津仁 : 佐々木望
  • 跡部景吾 : 諏訪部順一
  • 真田弦一郎 : 楠大典
  • 幸村精市 : 永井幸子
  • 越前南次郎 : 松山鷹志
  • 梶本貴久 : 小西克幸
  • ケビン・スミス : 木内レイコ
主題歌 : (試聴有り)
テニスの王子様 DVD FAN DISC Best Play Remix
オリジナル・サウンドトラックvol.1 vol.2 vol.3
 
オープニング曲: エンディング曲:
  1. 『future』 : HIRO-X
  2. 『Driving Myself』 : HIRO-X
  3. 『Make You Free』 : Kimeru/hisoca
  4. 『LONG WAY』 : Ikuo
  5. 『FLY HIGH』 : 松永俊彦
  6. 『Shining』『Paradise』 : 白井裕紀
  7. 『Dream Believer』 : 真崎修
  1. 『You got game?』 : Kimeru
  2. 『Keep Your Style』 : 藤重政孝
  3. 『walk on』 : 藤重政孝
  4. 『White Line』 : 青酢
  5. 『風の旅人』 : ふれあい
  6. 『SAKURA』 : 浜口祐夢
  7. 『Wonderful Days』 : プルタブと缶
  8. 『LITTLE SKY』 : 福士健太郎
   
挿入歌・その他:
ちょこっとメモ
テニスプレイヤー永遠の憧れ、ウィンブルドン!?
開催地のウィンブルドン(イギリス・ロンドン南西部)に因み、この名がある。オープン大会であるため、日本語では「全英オープン」と呼ばれる場合もあるが、正式名は「The Championships」。会場は、この大会のためにしか使われない「センターコート」を持つオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ。
グランドスラム4大会中、最も古い歴史を持ち、唯一の芝生のコートで行われるこの大会は120年以上の伝統と格式を持ち、「白いウェア」が義務づけられている。
ちなみに、四大大会を1年間ですべて優勝することをグランドスラムという。1988年に当時19歳のシュテフィ・グラフが達成した後に年間グランドスラムを達成した選手は、2005年に至るまで男女を通じて誰もいない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。