アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ』(副題『Lelouch of the Rebellion』)はサンライズ製作のロボットアニメ。
TVアニメは毎日放送・TBS系列にて放映。(2006年10月~)
漫画・コミックに『コードギアス反逆のルルーシュ 1他』、その他に『ルルーシュ リアルフィギュア 他』。
コードギアス 反逆のルルーシュ(公式サイト)

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 超大国ブリタニア帝国に占領された日本=エリア11。そこに生きる二人の少年、ルルーシュとスザク。
胸に野心を秘め、目的のためならどんな手段も選ばない「黒の皇子」 ルルーシュは「ギアス」の力を手に入れ、妹のナナリーと己の理想のため、その力を行使しようとする。
一方、正義を志し正直さと公平さを捨てることなく、その道を進もうとする「白の騎士」・枢木(くるるぎ)スザクはナイトメアフレーム「ランスロット」を操り、現実の壁にぶつかりながらも世界に理想と真実を求める。二人の対照的な生き方が、やがてブリタニア帝国とエリア11の住民たち「イレヴン」の関係を大きく揺り動かすことに・・・
極東の「エリア11」で「何か」が今まさに起きようとしている!!(公式サイト等より)


コードギアス 反逆のルルーシュ
キャスト
  • ルルーシュ・ランペルージ : 福山潤
  • 枢木 スザク : 櫻井孝宏
  • C.C. : ゆかな
  • カレン・シュタットフェルト : 小清水亜美
  • 扇 要 : 真殿光昭
  • 玉城 真一郎 : 田中一成
  • 永田 : 私市淳
  • 藤堂 鏡志朗 : 高田祐司
  • ブリタニア皇帝 : 若本規夫
  • クロヴィス・ラ・ブリタニア : 飛田展男
  • コーネリア・リ・ブリタニア : 皆川純子
  • ユーフェミア・リ・ブリタニア : 南央美
  • : ほか
  • ジェレミア・ゴットバルト : 成田剣
  • ヴィレッタ・ヌゥ : 渡辺明乃
  • ロイド・アスブルンド : 白鳥哲
  • セシル・クルーミー : 井上喜久子
  • パドレー : 宝亀克寿
  • シャーリー・フェネット : 折笠富美子
  • リヴァル・カルデモンド : 杉山紀彰
  • ニーナ・アインシュタイン : 千葉紗子
  • ミレイ・アッシュフォード : 大原さやか
  • ナナリー・ランペルージ : 名塚佳織
  • 篠崎 咲世子 : 新井里美
  • ディートハルト・リート : 中田譲治
主題歌 : (試聴有り)
COLORS [Maxi]
コードギアス サントラ 他
オープニング曲:
  1. 『COLORS』(1~8話) : FLOW
  1. 『COLORS』(9話~) : FLOW
エンディング曲:
  1. 『勇侠青春謳』 : ALI PROJECT
その他:
ちょこっとメモ
反乱!?革命・クーデター・・・
反乱(Rebellion)とは、国家の支配者に対して被支配層が徒党を組み、組織的な暴力、破壊、示威的行動によって何らかの不満を表明し、その不満の原因解決を迫り、あるいは被支配層みずからの手で不満の原因を解決しようとする行為。類義語に(insergency、Uprising)など。
革命(revolution)とは、それまで存在していた国家・政府を倒し、体制の違う新しい国家・政府を作る事。
クーデター(coup d'état)とは、特に権力者内部の少数グループ(軍部など)が武力によって実権を握る行為を指すことが多い。短期間での権力掌握に失敗し、武力衝突が長期化した場合は内乱、内戦と呼ぶのが一般的である。より大きなグループによる反乱や被支配者側から政治的意図により体制を変革する革命とは異なる。
ちなみに、反乱が「下層」の被支配層が「上層の」支配者に対して起こす「階級間闘争」であると考えれば、起こす側と起こされる側の階級差が大きければ反乱であり、少なければクーデターまたは内乱という構図で見て取れる。
歴史的に「~の乱」と名付けられている様々な事件を検証してゆくと、上記の「階級差」と共に「目的を持って始められたが、それを果たせず鎮圧されて終わった事件」など「反乱」として捉えられる。 (スパルタクスの反乱、黄巾の乱、島原の乱など)そして、反乱を起こした人々は、支配者の地位を脅かした大罪人として処罰され、『反逆者』というレッテルが貼られる。仮にこれを「失敗した反乱」と呼ぶなら、歴史にはこの種の「失敗した反乱」が圧倒的に多い。
では歴史上「成功した反乱」の例はと言えば、反乱とは呼ばれず、違う名前で残っている。 「フランス革命」はアンシャン・レジーム(旧体制)に対する不満が爆発し、フランス全土を巻き込んだ反乱が王制の崩壊という国家体制の大転換に成功したことで「革命」として歴史に残されている。(wikipedia参照)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さて、ご推薦のルルーシュさんですが・・・割と面白いですよね。
どういう方向に進むのかわかりませんが一応期待しております。

それにしてもこの作品は掲示板なんかを見るとイデオロギーだの反米思想などと批判している人が多いようですが・・・困ったものですね。私は楽しめればそんなものは気にしない主義なので。要は面白いかそうでないかで判断できればいいのですが。SEED/DESTINYなんかもボロクソ言ってたりして、いい加減、辟易してます。特にファースト至上主義の人は酷いですね。私はファースト世代ですが、SEEDも面白いと思いましたがね。

話が逸れました。
この作品はこの先シリアス路線で行くのか、ギャグを時折織り交ぜていくのか分かりませんが、個人的には後者でお願いして欲しいですね。TSRくらいで・・・(笑)
私の今の見所は、ロイド・ミレイの今後の動きがどうなるか?ってところですかな v(=∩_∩=)
2006/11/16(木) 20:11 | URL | おろ #-[ 編集]
随所にイデオロギーというか感じさせる部分はありますね。
ピザハットは理解できるにしても検索でビッグローブって・・・まぁその辺あまり気にせず感覚的に面白ければいいと私も思ってます(^^;ゞポリポリ
ギャグ路線いいですね。でもGガンダムだけは、Gだけは・・・(>_<)
2006/11/17(金) 12:10 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animet.blog11.fc2.com/tb.php/103-8af04a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。