アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き過去のおすすめアニメ>ふしぎの海のナディア

ふしぎの海のナディア

ふしぎの海のナディア』は、NHK総合で放映されたテレビアニメ、全39話。(1990年4月~1991年4月)
ジュール・ヴェルヌによるSF小説『海底二万マイル』を原案とし、監督は庵野秀明、キャラクターデザインを貞本義行が務めた。
劇場版にTV版のラストから数年後のストーリーえお描いた「ふしぎの海のナディア 劇場用オリジナル版」がある。
ふしぎの海のナディア(公式サイト)

ふしぎの海のナディア DVD-BOX 時は、1889年。花の都パリでは、万国博覧会が華やかに開催されていた。世界中の科学や文化の粋が集まったそのイベントに、人々は来たるべき20世紀、科学万能の時代の到来を予感し、夢見ていた…。そんな科学の進歩は地球を急激に狭くしつつあったが、まだまだ未知なるロマンと冒険があふれた時代でもあった。
そんな中、世界中の海で謎の巨大生物“海獣”が出没し人々を恐怖に陥れていた。その海獣によって父親が行方不明になってしまった発明好きの少年・ジャンは、万国博覧会の会場で謎の少女・ナディアに出会う。ナディアに一目ぼれしたジャンは、ひょんなことからナディアとともに冒険へと旅立つことに・・・。
彼らを待ちうける運命とはいったい? (公式サイト等より)


ふしぎの海のナディア
キャスト
  • ナディア : 鷹森淑乃
  • ジャン : 日高のり子
  • マリー : 水谷優子
  • キング : 桜井敏治
  • グランディス : 滝沢久美子
  • サンソン : 堀内賢雄
  • ハンソン : 桜井敏治
  • ネモ : 大塚明夫
  • エレクトラ : 井上喜久子
  • エアトン : 山寺宏一/辻谷耕史
  • イコリーナ : 井上喜久子/水谷優子
  • フェイト : 関俊彦
  • ガーゴイル : 清川元夢
  • ネオ皇帝 : 塩沢兼人
  • ハマハマ : 山口勝平
  • ゴンザレス : 江原正士
  • イリオン : 高木均
  • : ほか
主題歌 : (試聴有り)
ふしぎの海のナディア オリジナル・サウンドトラック(Forever NADIA)
オープニング曲:
  1. 『ブルーウォーター』 : 森川美穂
エンディング曲:
  1. 『Yes, I will ・・・』 : 森川美穂
その他:
ちょこっとメモ
THE SECRET OF BLUE WATER・・・!?
企画の原案は『未来少年コナン』などを制作した宮崎駿監督であったが採用されず、宮崎はそれをスタジオジブリのアニメ映画『天空の城ラピュタ』として作品化した。しかし元の企画そのものはNHKに残され、後に本作となった。『天空の城ラピュタ』を連想させる設定(謎の青い石や超古代文明の存在など)や、ストーリー展開があるのはこのためである。製作はNHKとグループ・タックで、ガイナックスがアニメ制作にあたった。また、テレビ放送のダイジェストに新作部分を加えたアニメ映画も製作された。
この劇場版もガイナックスによるアニメ製作だが、予算を使い果たしてなお完成させることができず、残りをグループ・タックが作成した。この時の借金が返済されるのは『新世紀エヴァンゲリオン』以降になる。
当時、映画やOVA、パソコン用アダルトゲーム『電脳学園』の開発などにより、コアなファン層にのみ知られたガイナックスが、NHKでの放送用にアニメを作る事でより広範囲に認知される布石となった。その他にも「お色気シーン」が登場するなど、当時のNHKアニメでは考えられなかった要素を加えた事で話題になる。本作はテレビアニメのみならず、劇場用アニメ映画、小説、CD・LD・DVD(おまけ劇場)、ゲームなどにメディア展開した。
ちなみに、本作では旧約聖書の創世記の神話、アトランティスの伝説、古代宇宙飛行士説、過去の歴史やSF、マンガ、映画、アニメなどのパロディを多数取り入れている。(wikipedia参照)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animet.blog11.fc2.com/tb.php/129-8a800960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。