アニメ、コミック・漫画、アニソン・アニメソング(試聴有り)、声優等の紹介やチョコチョコっとした情報発信サイト。
fc2blg.rank
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間少年アニメ大好き最近のおすすめアニメ>ケロロ軍曹

ケロロ軍曹

ケロロ軍曹』は原作:吉崎観音(よしざき みね)、月刊少年エース(角川書店)に連載(1999年4月~)
第50回(平成16年度)小学館漫画賞児童向け部門を受賞。
TVアニメは2004年4月より、テレビ東京系で現在放送中。
『超劇場版ケロロ軍曹』として映画化。(2006年3月)
映画は第2弾が製作決定している。
DVDに『ケロロ軍曹 1stシーズン他』、ゲームに『ケロロ軍曹 演習だヨ!全員集合 パート2他』、その他『ケロロ軍曹 人気グッズ等』。
ケロロ軍曹(サンライズ公式サイト)

ケロロ軍曹 1 地球(ペコポン)侵略の先遣隊としてやってきた、ケロロ軍曹率いるケロロ小隊。居候している日向家の住人を巻きこんで日々侵略作戦!?にせいをだしているのだが・・・。
原作漫画は、カエルにそっくりな宇宙人(ケロン人)、ケロロ軍曹と彼の仲間が地球人たちと繰り広げるギャグ漫画。その一方女性キャラクターが多数登場するなど、近年の萌え漫画的な要素もふんだんに盛り込まれている。この為、子供から大人(特にオタク層)まで取り込む事に成功している。
また、他の漫画やアニメ(ガンダム等)、ゲーム果てはテレビドラマ(特に刑事もの)のセリフなどのパロディが多用されていることも特徴でこれらパロディの元ネタがわかる人にはより楽しめるが、それらを知らなくてもでも充分に楽しめるほど作品自体出来がよい。

人気ブログランキング ・・・訪問者殿!blog ranking、クリックして頂けると嬉しいであります!

ケロロ軍曹
キャスト
  • ケロロ軍曹 : 渡辺久美子
  • タママ二等兵 : 小桜エツ子
  • ギロロ伍長 : 中田譲治
  • クルル曹長 : 子安武人
  • ドロロ兵長 : 草尾毅
  • 日向冬樹 : 川上とも子
  • 日向夏美 : 斎藤千和
  • 日向秋 : 平松晶子
  • サブロー(623) : 石田彰
  • 西澤桃華 : 池澤春菜
  • アンゴル・モア : 能登麻美子
  • 東谷小雪 : 広橋涼
  • 556 : 檜山修之
  • ラビー : 金田朋子
  • ヴァイパー : 飛田展男
  • ナレーション/ポール森山 : 藤原啓治
  • ガルル中尉 : 大塚明夫
  • タルル上等兵 : 渡辺明乃
  • トロロ新兵 : 山口勝平
  • ゾルル兵長 : 矢尾一樹
  • カララ : 野田順子
  • ケロロの父 : 緒方賢一
  • 日向秋奈 : 京田尚子
  • すもも : いはたじゅり
  • ポヨン : おみむらまゆこ
  • ダンス☆マン : ダンス☆マン
  • ダソヌ☆マソ : 長島雄一
  • ダソヌ☆マリ : 愛河里花子
  • 芋碁理恵 : 中原麻衣
  • 西澤梅雄 : 池田秀一
  • 骸 : 大原さやか
  • メロディー・ハニー : 豊口めぐみ
主題歌 : (試聴有り)
「ケロロ軍曹」ケロロソング、(ほぼ)全部入りであります!2(通常盤)
ケロロ軍曹 人気サントラ他
     
オープニング曲:
  1. 『ケロッ!とマーチ』 : 角田信朗&いはたじゅり
  2. 『全国無責任時代』 : ガガガSP
  3. 『君にジュースを買ってあげる♥』 : グループ魂
  1. 『晴れる道 ~宇宙人(オメェら)に合わせる顔がねぇ!~』 : JK(次長課長)
  2. 『You-You-You』 : POLYSICS
エンディング曲:
  1. 『アフロ軍曹』 : ダンス☆マン
  2. 『地球(ペコポン)侵略音頭』 : オンド☆ガール
  3. 『ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!!』 : ケロロ・オールスターズ
  4. 『勝手に侵略者(シンリャクシャ)』 : 小川直也☆岩佐真悠子
  1. 『ココロの問題』 : toutou
  2. 『勝利の花びら』 : チナッチャブル(アンタッチャブル、若槻千夏)
  3. 『サイクリング リサイクル』 : きりん
その他:
ちょこっとメモ
ケロロ軍曹パロディの数々!?
主にガンダムシリーズやガンダムシリーズ以外のサンライズ製作の各ロボットアニメ作品、他に『新世紀エヴァンゲリオン』、『ドラゴンボール』、『スラムダンク』、『北斗の拳』、『ドラえもん』、『美味しんぼ』、『ルパン三世』、『うる星やつら』、ウルトラマンシリーズ、東映製作のメタルヒーローシリーズ(『宇宙刑事ギャバン』等)、『ジョジョの奇妙な冒険』など多岐に渡っている。またアニメ化以降はアニメで使われた主題歌もパロディに使われることがある。特に、作者の吉崎観音が漫画家になりたいと思ったきっかけであった『ドラえもん』については原作でパロディとしてかなり多く使われている。
ちなみに、『電車男』の元ネタとなった『2ちゃんねる』でのスレッド内でも、電車男本人が「今日は土曜日だから、ケロロ軍曹を見なくては…」という書き込みが存在し、電車男のドラマ化をきっかけにケロロ軍曹の知名度がさらに上がったという。 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するMS「アッシュ」はケロロをモデルにしている。
ところで、主人公・ケロロ軍曹の最大の生きがいにしてで地球侵略活動遅延の最大の原因であるとも言えるガンプラ(ガンダムのプラモデル)。ケロロが収集しているのはマスターグレード(MG)と呼ばれるマニア向けの精密加工版。アニメではデンドロビウムやザクレロ、アッザム、ギャン、アッガイ、グワジンやサラミス、GブルやボールなどといったマニアックなアイテムばかりがMG化されていたが、ボールとアッガイとギャンは後に実際にMG化されている。原作やアニメのストーリー上ガンプラが壊れることがよくあり、その度に「プラモの神様 ごめんなさい」というテロップが流れる。
初期の頃は上記のように機動戦士ガンダムに登場する機体が主だったが、2年目以降はボリノーク・サマーン、ジ・O、ハンブラビなど機動戦士Ζガンダム登場のMSがよく登場する。なお、すでに実際に発売されている機体(アッガイや百式など)は箱のイラストが実際に発売されている物とは異なっている。(wikipedia参照)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animet.blog11.fc2.com/tb.php/47-3300b8f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。